予防歯科とはどんなものなのか

予防歯科とは、むし歯や口の中のトラブル等になってから、治療をすることではなく、治療しなくてはならない状態になる前に、しっかりと予防をすることです。そのためにも、歯医者での定期的な検診がとても重要になってきます。予防の基本としては、歯が生え始めた時点で、既に歯の健康のことを考えておかなくてはなりません。自分でできる予防ケアにはどんなものがあるのかというと、フッ素を配合した歯磨き粉を使っての歯磨き、歯のすき間のプラークを取り除くデンタルフロスの使用、殺菌剤等の薬用成分を配合したデンタルリンスの使用があります。

歯科の怖いイメージが覆される

歯科は他の病院と比較すると、なぜか敬遠するイメージがあります。その理由は、小さい頃、何かの原因でトラウマになった経験などでしょう。歯を削る音、削ったときの痛み、大人でも耐えられません。しかし、近年の歯科は、そのストレスを最小限に抑える工夫をしている所が増えてきました。白衣がカラフルな服装になったり、BGMをかけている所、また、事前にカウンセリングに時間を掛けて、歯に関する悩みを相談した、患者さんの事を第一に考える所が多いです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の上手な選び方とコツ All rights reserved